極真空手兵庫西支部淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
<< 2020夏合宿について子供達との会話 | main | 2020 8月スケジュール >>
2020 淡路道場ミーティングの歴史

(道場ミーティングの風景)

 

今年6月に結婚披露宴に誘われていました。

コロナで延期になっているのですが

その生徒の昔の事を思い出す懐かしい風景の中に

 

第一回淡路分支部道場冬合宿の一コマがあります。

 

その中で人前で自分の考えを言えるようにと

夕食の後に会議室を借りて

1人5分くらいなんでもいいので話してもらう

というのをやりました。

 

その時の生徒達は自分の考えを人前で話せなかった

 

その頃から人前で自分の考えをしゃべれる

 

という事を大命題に稽古の中にミーティングを取り入れてきました。

 

その時はみんな本当に話せなかった。

そして優勝しますと言えなかった。

 

その合宿に小学生の時に参加していた生徒が大学生くらいの頃に

後輩たちのミーティングを見たときに

ある生徒が国際大会で優勝します

 

と言い切っていたのをみて

後輩たちは凄いなーと感心していた。

 

今そのミーティングも進化に進化を積み重ねてきて

いまや保育園の子達が堂々と自分の考えをしゃべっている。

 

意識を変えていく作業は時間がかかる。

そして生徒一人だけの進化だけでは

今の領域までは到達できない。

 

たくさんの生徒達で意識変革を繋いできた結果が

今の保育園の子達が堂々と自分の言葉で

普通に話せる時代になった。

 

もうミーティングで自分の考えをしゃべることは

淡路道場では当たり前になっている。

 

いいものになるまでには本当に時間がかかる。

 

今ミーティングはいいものになったと自負があります。が

 

今も進化の作業はとめていません。

 

小さなことですが、その小さな事を今も延々と

生徒達と繰り返しています。

 

本当にみんな自分の言葉で

稽古の中で考えたこと、感じた事を話せるようになりました。

 

そしてその先も今は話しています。

 

今後もどんどん進化させていきます

今に満足しないで

【2020.08.02 Sunday 22:05】 author : awaji-karate
| 淡路道場の歴史 | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする