極真空手兵庫西支部淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
<< 2019 みんなの城 クリスマス会 | main | 先輩達久しぶり >>
2019年 大会あれこれ

(保護者の皆様に企画していただいた全日本入賞祝賀会)

今年度を締め括る西日本大会も無事終了して

2019年度の大会も無事終了しました。

2019年度は道場内の雰囲気が非常に良くなり

それが各大会での好成績に繋がって行ったと思います。

図書館まつり終了後には

保護者主催で全日本上位入賞した選手達への

祝勝会を開いていただきました。

この祝勝会の時に選手育成の色々な事を話させていただき

その後選手会にたくさんの後輩達が参加するようになり

選手会が非常にいい環境になりました。

それを代表する形となったのが

西日本大会の小学1年上級決勝が選手会参加の2人での対決になった事。

今道場では大会で勝ちたくなったら

さまざまな特別稽古を組んでいます。

初級クラスで空手の稽古になれたら

全参加クラスへ。

試合で勝ちたくなったら、全員稽古の後の中上級クラスへ。

そしてもっと勝ちたくなったら選手クラスへと

生徒がその成長、勝ちたいと云うその気持ちに応えれるだけの

クラスを様々に用意しています。

土曜の一日稽古。

午前、補強オンリー、午後打撃クラス、夕方から夜、三原の稽古。

試合前には大会前特別追い込み稽古。

これらが今年はしっかりと機能しだしてきた

それをしっかりと確認できた2019年度でした。

そして大会選手クラス育成サポート。

サポート一例(全日本大会クラス以上での宿泊費無料など)

これもしっかりと生徒達の中に認識してもらえた

と考えています。

今後はこれをさらに充実させていきます。

すべてやってきた事がようやくに実ってきた

それをしっかりと感じれた一年でした。

来年度はこの選手育成の形を更に充実させていき

強い選手をどんどん育てたいと考えています。

今の追い込みでの生徒達を見ていて

ようやくここまで来たかと思います。

そしてもう大丈夫だと思います。

何よりも生徒達がしんどい追い込み稽古を

進んで楽しんでやれる姿を見ていると

今後の兵庫西の明るい未来しか

想像する事ができません。

それくらい今の追い込み稽古で見る生徒達は

凄い事を息をするように自然とやれています。

もう歯車は良い方向に回り出した。

これは今後どんどん加速して行くでしょう。

生徒達がこのレベルに至るには

現生徒だけでは無理で

これまで淡路道場で頑張ってくれたすべての生徒と

保護者の皆様の頑張りがあったお陰でここまで来れました。

コツコツ積み重ねてきた

それがようやく素晴らしい形となってきた事を

しっかりと確認できた今年度でした。

来年度もやるべき事をしっかりとコツコツと

積み重ねていきたいと思います。

これまでと変わらず、これからも変わりなく。

【2019.12.18 Wednesday 15:46】 author : awaji-karate
| 空手大会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック