極真空手兵庫西支部淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
<< ようやくスタート地点 | main | 2019兵庫県大会 決意表明 三原道場 >>
試合のよさ(2019兵庫県大会前に)

大会に挑む生徒達の声を直接聞いたり

山田君から、保護者の皆様の声を聞いたり

そして生徒達の行動を見ていて

 

やはり大会は生徒を成長させてくれると

ここまでの生徒達を見ていて大いに感じます。

 

ここからは組手試合に関して

 

空手の試合は、相手をどう倒すか

相手を倒す為にみんな一生懸命に稽古します。

 

相手はこちらを全力で倒そうとしてきます。

 

相手がこちらを全力で倒そうとしてくる経験

これは経験した事がない人には到底理解できません。

 

やらなければやられるのです。

 

この自分を守る為にはやるしかない

 

この状況が生徒を本当に成長させてくれます。

 

とにかく試合は怖いです。

逃げ出したいです

 

ほとんどの人が。

 

でも、その極限にしんどいものから

逃げないで向かっていく事を学んでいく

それが組手で、大会で学べる

極真空手の大いなる利点です。

 

今回たくさんの初挑戦の生徒達がいます。

 

試合場では、相手がこちらを全力で真剣に

倒そうとしてきます。

 

もしかしたら怖くて逃げ出すかもしれません。

 

泣いてフリーズするかもしれません。

 

それをダメな事と捉えないで

その状況にいる生徒を見守ってあげてください。

 

その厳しい状況に今向かい合っている

生徒を応援してあげてください。

 

逃げ出す、何もできなくなる

それが今の現状の力です。

 

先輩達もそのような事をたくさん乗り越えて

厳しい試合を、進んで挑戦して行けるようになります。

 

最初泣いて何もできなかった子も

そのうちに、先輩達みたいに

しっかりと堂々と、厳しい試合に立ち向かえるようになります。

 

そこまでは長い時間と、たくさんの経験が必要です。

 

いつか強くなります。

挑戦していれば

 

その厳しい道に歩を進めようとしている

歩を進めた子達を

できれば勝ち負けだけで判断しないであげてください。

 

その人にとって良いと思える経験も

その人にとって悪いと思える経験も

 

すべては素晴らしい経験です。

 

みんな頑張って恐怖に立ち向かっていこう。

【2019.06.19 Wednesday 15:50】 author : awaji-karate
| 空手大会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kyokushin-awaji.com/trackback/796197
トラックバック