極真空手淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
<< 2019岡山県大会雑感(全世界を見据えて) | main | 2019国際親善への道(愛知県大会へ) >>
世界が奮える突きを(遥かな坂の上目指して)


(遥かな坂の上目指して)

世界が奮える突きを、その突きに絶対に欠かせない特訓。

それをようやくスタートさせる事ができました。

初めては50kで試運転。

最終体重の5倍を目指します。



(坂延々と)

坂の上まで500mオーバーくらいでしょうか?

それを延々と、押していきます。


(手押し車スタート記念撮影)

小学生は負荷が強すぎて参加させません。

身体の成長を考えて、高校生以上からになります。

(下りも延々と)

上がりは前面、下りは後面に

相当な負荷がかかります。

(歩道が広いので手押し車が倒れても安心です)

この幅があるおかげで、この特訓ができます。

そしてほとんど車が通らないという事も。

 

来る日も来る日も、延々とこの坂道で

手押し車を押していきます。

下りは、引っ張るという動作になりますが。

 

最初は50k、2本。

 

悲鳴をあげていましたね、厳しすぎて。

 

350k、それを押して上る下るようになれば

その突きの威力はどうなっているのでしょうか

 

ようやく念願の特訓をスタートさせれました。

世界が奮える突きを

 

その第一歩をようやく踏み出せました。

 

山田君に感謝です。

 

 

【2019.02.17 Sunday 19:59】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kyokushin-awaji.com/trackback/796119
トラックバック