極真空手淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
<< 子供達の成長の時間(色々な声) | main | 2019国際大会へ向けて(追い込みスケジュール) >>
子供達の中から出てくるもの(小さいけど大きな動機)

(チラシ作戦成功)

 

今の5年生達が4年生の夏くらいに

 

先生、2人だと何(ドッチ、ハンド等)もできないから

参加者増やしたいんだけど、先生、色々やっていいですか?

 

どうぞ、お好きに

 

由良基礎トレの現5年生達が4年生の時は

ずっうと2人だけでやっていました。

 

先生も増えた方がいいでしょ

 

由良は増えても増えなくてもどちらでもいいよ

 

そんじゃやるね

 

※、木曜日の由良基礎トレと健康体操は

地元に恩を少しでも返したいとの気持ちで

ほとんど経営的には赤字で行っています。

 

その後作戦を色々、色々、色々、色々

楽しそうに考えていました。

 

そのうちにチラシを作ったから

教頭先生に言って、掲示板に貼らしてもらえるように

なりました、と。

 

その成果で一人の女の子が入り

そこから、だだだと生徒が増えた。

 

5年生の間は、増えた生徒をまとめていくのに

苦労していましたが

3学期になり、ようやくスムーズに練習ができるようになり

今は、楽しくて仕方ない、といった感じです。

 

この5年生達の4年生時代は

自分にとって、いい学びの時間でした。

 

基礎トレの中で、色々な事を自分達で考えてやるのですが

2人でルールを決めないでやると

意外と面白くない事に自分達で気付き

見事なルール決めをやるようになりました。

 

2人だから話しがはやく、その成長ぶりを

見ているのは本当に面白かった。

 

仲間が増えて、中々にルール決めがうまくいかなくて

5年生の時は、たまに面白くない

と2人は言っていましたが

最近は、新しい人達も、ルールを作らないと

面白くない事に気付いてきて

その2人でやっていたルール作りを

今は10人くらいで、まとめ上げていく

と云う、非常に高度な事をやっています。

 

寄り添うけど、ほったらかしじゃない

 

口出し、手伝いは、子供の為にできるだけやらない

 

今、選手会の生徒達が

選手会増えて欲しいなーと言いだしました。

 

さあ、その選手会の子達の動機は

どう実現していくでしょうか

【2019.02.01 Friday 16:40】 author : awaji-karate
| 淡路島みんなが集う城 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kyokushin-awaji.com/trackback/796112
トラックバック