極真空手淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
<< 2018全日本 開場 | main | 2018 全日本 開場前 >>
2018全日本初日


2日目が待ち遠しくて、朝早く起きました。

今回より、上段に対する攻撃及び残心を厳しく判定する、足掛け等の転倒に対する技に対しても同等に、厳しく判定する事により、待ち望んでいた、本当に待ち望んでいた、フルマックスの打ち合いとなりました。この2点に関しては、今まで、かなり甘く判定するように、審判には指示されてましたが、残心、足払いのレベルアップが成ったとし、規定通りの判定解禁となりました。

それと、場外が注意となり、試合内容がかなり厳しいものとなりました。

フルマックスの打撃の打ち合いは、凄惨な 試合内容が増えて、会場はなんとも言えない雰囲気でした。


言葉は汚いですが、1試合でボコボコになった選手が多数出ました。

今日は昨日のダメージを持ち越したまま、さらに、フルマックスの打ち合いとなるので、フルコンタクトの一番厳しい面が牙を剥くと思います。

それにしても、今までフルマックスの打撃を打てなくしてきた、超接近がなくなり、まさしく、フルマックスの打撃の勝負となった。


もうただただ、面白い。
【2018.10.28 Sunday 04:13】 author : awaji-karate
| 全日本 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kyokushin-awaji.com/trackback/796065
トラックバック