極真空手淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
<< 2018選手会、現在の負ける図式 | main | 2018少年部セミコンタクト大阪遠征スケジュール >>
今後の生徒育成の一つの指針と安心と

今道場では

どんどん負けよう、と言っています。

 

その裏には

経験を恐れさせない

との、真意があります。

 

今そのように経験を恐れないような雰囲気が

道場にできております。

 

で、それを受けて次のステップとして

 

これからの課題は、島の外に出る。

それもお父さん、お母さんから離れてです。

 

今回、それのチャレンジとして

セミコンタクトと型交流試合に

学生が泊まり込みで、指導員と参加いたします。

 

そこには保護者の助けはありません。

 

前に行った東京遠征も、保護者の助けはありませんでした。

 

道場としては、今までこのような企画を

たくさんしてきました。

 

その中で、一番重要にしている事が

とにかく安全に気をつける事です。

 

今まで引率して、大きなトラブルはゼロでこれています。

 

今後もこの安心には細心の注意を払い

保護者の皆様の信頼を得ないと

島の外に、連れていくと云う事は

中々できません。

 

正直、保護者の皆様に引率してもらったら

楽です。

道場にとって引率とは、かなりのリスクを背負います。

 

でも、育てる為には

そのリスクをしっかりと受け止めて

そこまでしんどい思いと行動ををしなければ

いけません。

 

絶対安心、と言えるレベルまで

安心できるようにしなければいけません。

 

東京遠征に行ったときでも

生徒を引率している場合

四六時中、細心の注意を払わなければいけません。

 

3日なら3日間、集中を切らさないで

いつも生徒と共にいる

これは正直、大変ですが

でも、成長を考えた時に

やらなければいけないんです。

 

出来る幅を、拡げていく。

 

それが成長ですから

 

今後、島の外に出て行くと云う事を

やらなければいけないレベルに生徒達は来ています。

 

冒険は楽しいものです。

わくわくするものです。

そして人を大きく成長させてくれます。

 

今回、生徒が進んで

参加してくれた事に

大いなる成長を感じています。

 

今後の学生達の島外挑戦を

道場としては進めて行きます。

安全には細心の注意を払いますので

ご理解、ご協力よろしくお願いします。

【2018.05.25 Friday 17:59】 author : awaji-karate
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kyokushin-awaji.com/trackback/795958
トラックバック