極真空手淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
<< 頼もしいね、秘蔵っ子達 | main | 極真祭(ゼッケン、バス、パス) >>
やり切ったこの夏
 8月18日(土)極真祭特別稽古が
無事でなく終了。

最後の稽古は大阪の坂本さんが参加してくれて
最後の追い込みもとことんまで追い込めました。
http://ameblo.jp/dubart

最初は3セットでダウン
次は5セット
8セット

最後は10セットまで。

それだけでなく
最初は5時間からスタートした稽古も
最後は8時間超。
その8時間の最後にサーキット10セット。
さらにビックミットまで

本当にやるだけの事はやりました。

淡路で今までこれだけ稽古した事はありません。
途中三原の2時間弱の稽古が
本当に短く感じた事

本当に今までは2時間がすべてだったものが
最後は2時間が短く感じるくらい

今年は稽古やり切りました。

指導者としては公言するものではないが
恥ずべき部分ですが
何人か稽古が厳しすぎて
熱を出して寝込みました。

今年はそれでもやり切りました。

普通ならこんだけ厳しい稽古をしたら
生徒も保護者の方々も
抗議殺到になると思いますが

誰一人として文句もなく
やり切ろうと望んでくれた姿勢には

淡路道場も
ここまでみんなの意識が高くなったんやと
涙が出そうになりました。

今年の夏は本当にやりきりました。

今年は自信を持って生徒を送り出せます。

今年なら刀が折れるまで戦える
たとえ刀が折られようとも
心の闘志は消えないでしょう。

刀折れるまで
刀折れるとも

精神の刃は折れないでしょう。

準備万端


今日、淡路島の青い空を
初めて見ました。
青い空を綺麗だなと
今年初めて思いながら夏空を見ました。

それほどまでに集中して
今年は稽古をやり切れました。

後は京都の地で力を爆発させる為に
如何に静かに体力を蓄えれるか

京都の地で
刃欠けるまで
刀折れるまで
刀折れようとも

頑張ろう。

【2012.08.21 Tuesday 14:46】 author : awaji-karate
| 極真祭 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
先生、気持ち伝わります。読ませて頂きました。その情熱の伝わるスピードは、生徒さんや家族にも着実に早まっています。日を増して 純度が増してきたのではないでしょうか?
試合が楽しみです。また、日記を楽しみに読ませて頂きます。
| sakamoto です。 | 2012/08/23 9:03 PM |
坂本さん、あの時は朝まで語りあえて楽しかったです。

今、京都にむかってます。

今回は気負いも焦りもなく、清々しい心です。

ただ頑張ってきます。
| やまの | 2012/08/24 11:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kyokushin-awaji.com/trackback/794873
トラックバック