極真空手兵庫西支部淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
坂道の一輪車 タイムオーバー

(240k挑戦もタイムオーバー)

 

今回の坂道は、発した言葉は形になる

と、不思議を体験したものでした。

 

240kで今回の一輪車はタイムオーバー。

 

まだこの坂道の一輪車特訓は数回だけだけど

特訓の言葉通り、驚異的な効果が出てきた。

 

今後どうなるんだろうか

 

200kで一往復やれたら

どうなっているんだろうか

 

わくわくが止まらない。

 

世界が奮える突きを

 

世界へ

 

まずは自分が奮えた

【2019.05.19 Sunday 19:49】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
坂の上のつき

(今週の写真なし、最初の50kのものを)

 

一輪車も120kまで重量アップ。

 

100k越えたあたりから、この特訓の意味が

理解出来てきたみたいです。

 

120kで100kとは、まったく違う世界が

新たに見れたみたいです。

 

目標は体重の3倍、そして最終目的が350k

 

そこまでひたすらに登ります。

 

50kでは人を乗せる余裕がありましたが

今はそんな余裕なし。

 

来年のウエイト制では、どれくらい強烈な突きを

突けるようになっているのだろうか

 

楽しみでしかたない

 

世界が奮える突きを世界へ

 

 

【2019.05.05 Sunday 18:46】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2019 3月 今日の一輪車

75kg一人りき
【2019.03.02 Saturday 15:13】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ここから大事な事(次なる成長の為に)
【2016.09.09 Friday 17:38】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
誰もが強くなる魔法の法則(言葉)
【2015.07.07 Tuesday 18:45】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
特別から当たり前へ
【2014.08.19 Tuesday 11:17】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
見っけ
【2014.02.04 Tuesday 21:31】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
貪欲に行こうぜ
【2013.10.11 Friday 12:22】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
淡路オリジナル育成方式(まだ進化しますが)
★小学生は(低学年から)

 基礎トレーニング
(内弟子の朝稽古ですね)

空手の稽古

選手会

打撃クラス

球技など



★中学生から

これに
リアル筋力トレーニング
がプラス

球技がクラブに

今年春からまたこれに新たなる試みをプラス(かも) 

どんどん進化する淡路オリジナル育成方式
まずは骨組みが完成です。



【2012.01.28 Saturday 15:06】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ステップの罠(単純な事)
【2012.01.20 Friday 16:13】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
三戦(できている状態)
【2012.01.18 Wednesday 14:53】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
突き考察(小指、捻り)
【2012.01.17 Tuesday 21:17】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
淡路島式追い込み方
 夏の特別稽古で荒田君がこう言ってくれた。

先生が一人で声をからしている、と。
生徒に、熱が全然伝わっていない、と。

これを聞いていて、瞬間閃いた。

今その稽古を一生懸命にやっている。

最近というより
淡路で道場を持った当初から今までの課題であった

全力で突く、蹴る、という事が出来なかった。

その答えが、荒田君の言葉でなんとなく理解できた。

その問題点解決の為に
頭をフル回転させた。

今まで10年ちょと
これの答えを見つける事ができなかった。

でも、ようやく淡路にあった
淡路式の追い込み稽古を見つける事ができた。

それは非常に幸運なる事に
最初の試しで、答えがでた。

大体は何度も何度も試して試行錯誤して
ようやく答えを見つけてきたのだが

今回は、まさしく一撃でそれを見つける事ができた。

これを淡路の代名詞にできる程の
クオリティーの高い、素晴らしい稽古方法だ。

生徒に全力を、いかに出させるかに苦心してきたが
この稽古の凄さは、初心者であろうが
大人しかろうが、消極的であろうが

どのようなタイプでも関係ないということ。

この稽古でビックミットをやると
ほとんどの生徒が1分、1本でへとへとになる。

3本もやったら、3分もやったら、立っていれないくらいだ。

特別稽古の成果は、この稽古を見つけれた
それが最大のヒットだ。

10年間見つけれなかった答えを見つけた

感動

これは10年間、それに対して苦しんだからこそ
あきらめなかったからこそ
何とかしようともがきにもがいてきたからこそ

見つけたときの感動といえば

半端じゃないものだった。

淡路道場に一つの宝物ができた。
大きな大きな宝物が。
【2011.09.14 Wednesday 12:24】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
09年国際親善(淡路式アップ方法)
09年国際世界チャンプ3人揃ぶみ
  (素晴らしい試み世界チャンプ3人と基本稽古)
国際親善の名物となってきている、世界チャンプとの基本稽古。
これは参加者みんなうれしいのではないでしょうか。

淡路式組手上達法、これができてから、アップでもこれを使っています。
これにより色々な事を発見しています。

今までのアップは息上げ中心、息をあげれば動けるだろうと
でも、そのやり方でしっくりくる事がなかった。
正直、息を上げるレベルまで組手で動いていない
じゃ、息上げ以前の事をやらなければと
色々試行錯誤しながら
ようやくにアップでこれだというやり方が見つかった。

とにかく今の生徒達は稽古では抜群の動きができる。
でも試合でそれが出せない。

では何を一番重要視しなければいけないか
それは普段を思い出すこと、普段だけ動けばいいのだから
特別に何かをするのではなく、普段だけ動ければいいと。

今回、淡路式組手上達方法をアップでやりました。

前回、大阪西練習組手会でこのやり方でやったところ
緊張していたら、道場で動く半分も動けないという事が判明した。
それが色々な事を気付かせてくれるいいきっかけとなった。

緊張はこれだけも動けないという事を数値化できる。
これは本当にわかりやすい。

今回初日、上達法1回目
普段なら5分を楽に切れるのに
5分で前蹴りまでしかいかない。

(緊張ってこんなにも動けなくなるんだ)
と心の中でその緊張の恐ろしさを数値化して見れた。

2回目、少し集中できてきて、5分で何とか終了。
いい集中になったので、もう一度行なう。
これで見事に普段どおりの動きができた。

この成果がすべてとは言えないが、初日は緒戦から素晴らしい動き。
そして非常に落ち着いていた。

2日目、1回目
案の定、前蹴りまでしかできない。
さあ、ここからあと2回やれば普段どおりになるだろうと思っていたところ
タイムアップ。

これが響いたかどうかはわからないが、
全体的に最初の動きがガチガチだった。

今回で確信できました。アップの事が。

淡路の生徒が動けるようになるまで40分の時間がかかる。

これを次は全関西で試す。

来年の国際には素晴らしいアップノウハウをつかんでいることだろう。
【2009.08.27 Thursday 10:18】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ここにも有効少年部上達法
前に紹介した少年部上達法。
本当に見る見る上達しています。
(生徒と保護者の皆さんにどこがと言われそうですが)

今日もこのやり方で、追い込まれた中
必死に何とかしようとしている真剣さに
ここまで真剣さを引き出せるとは、と自分でもびっくりしてます。

なんか自分でべた褒めすると、うさんくさいですが
今までふざけてばかりの子が、
最後に本当に一生懸命に稽古している姿を見て
ここまで一生懸命にさせるこの稽古方法を

よくぞ見つけたものだと、自分に感心しています。

このような事は一度見つければ、後は本当に簡単です。

偶然といえば怒られそうですが、
これを見つけたのは偶然の産物。

少年部がどうすれば一生懸命にやってくれるか
あがいてくれるか、もがいてくれるか
今が弱いから、強くなろうと思ってくれるか

あるとき昭和の匂いがするやり方をしたとたん
今まで見たことがないような
真剣な顔になった。

何が幸いになるかは本当にわからないものです。

そこから色々試行錯誤して
ようやく今の形が完成しました。

まだまだ今後進化させていきますが
ようやく一つの、淡路方式といえるべき
少年部稽古方を見つけることができたようです。

これもかなり行き過ぎたやり方なので
生徒と保護者の皆様の理解がなければできませんが
これにより本当に強くなった事が、生徒も保護者の皆様にも
理解しやすくなったのではないでしょうか。

特に選手会でのそのスピードは、本当に見ごたえがあります。

今後どのように進化させていくか
こちらが考えてもいないような効果を見せてくれるのか

本当にいいものを見つける事ができました。
感謝。

【2009.07.25 Saturday 23:21】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
少年部上達法ようやく見つけたようだ
今まで色々試行錯誤してきて
ようやくに
少年部上達法を見つけた。

すべてに対する上達法ではないが
ある事に関して、ようやくにノウハウをつかむ事ができた。

ここまで長かった、本当に長かった。

見つかると本当に、今まで悩んでいた事が、なぜとバカらしく思える。
見えるようになると見えるものだ。

ようやくに大きなノウハウをつかんだ。

今後淡路道場少年部は飛躍的に強くなっていく事だろう。

ようやくにつかみましたよ。

素晴らしいノウハウを。
【2009.07.17 Friday 22:13】 author : awaji-karate
| 淡路方式組手上達法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |