極真空手兵庫西支部淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
2018全日本ウエイト制雑感その1

2018全日本ウエイト制が今年度は

東京体育館で開催されました。

 

国際親善と相まって、全日本無差別よりも

観る人が多かった大会になり

選手は嬉しかったでしょうね。

 

国際に出る中高小学生と幼年の子達

そして普段サポートしてくださっているであろう

壮年部とか女子部の皆さんも共に戦えて

そして応援してもらって

 

今後は国際とウエイト制は同時開催の方が

生徒達の事を考えたら良いような気がしました。

(支部長としての立場は別として、個人の感想)

 

そのウエイト制ですが、ようやく新ルールが牙を剥いてきた

そう感じました。

 

とにかくウエイト制なのに、ダメージが大きく

 

ウエイト制で今回ほど、ダメージが大きくあった試合が

過去あっただろうかと振り返っても

思いだせないくらい

今回は試合の中で、ダメージが大きくなった

と、感じました。

 

最初は、上段の残心だけが目立ち

なんちゃってフルコンなどとバカにする人が多かったですね

でも、そろそろその人達も

この新ルールの怖さ、がわかってきたのではないでしょうか

 

今回、押しをようやくに海外の選手が使いだした

 

それの効果で、海外のフルマックスの打撃の威力が

今回随所に出た、と思います。

 

今までは、接近する事により

強烈な打撃の威力を減少、或いは完封に近いくらいに

打たさなくしてきましたが

一瞬の押しにより、しっかりとフルマックスで振れる

或いは突ける距離で技を出せるようにされてしまうので

今後海外の選手達の脅威は、これまでとは違うように

なってくると思います。

 

第4回世界大会でも、両手押しは無かった。

これの違いが、今後この新ルールの脅威であると

理解される事でしょう。

 

軽重量級の決勝戦。

このルールの牙がようやく世に出た

と感じました。

 

早く無差別が観たい。

こんな心が躍るのは、何年ぶりだろうか

本当に、フルマックスの打撃を見るのは楽しい

以外何ものでもない。

 

本当に新ルールは面白い。

極真空手が持つ、最大打撃の魅力を

このルールは最大に引きだしている。

 

来年の全世界大会は

最強打撃の打ち合いの大会となるだろう。

 

はやく見たい。

【2018.04.27 Friday 17:58】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2017全日本ウエイト制、第一回西日本大会終了

(ウエイト制閉会式記念撮影)

2017年全日本ウエイト制、西日本大会が終了しました。

 

兵庫西支部から、試合に出場した選手のみんな

演武に参加した生徒もよく頑張りました。

 

2日間にわたり協力してくれた、スタッフの皆さん

ありがとうございました。

 

引率していただいた保護者の皆様

ありがとうございました。

 

兵庫西支部としては

大変実り多い大会となりました事

皆様に感謝いたします。

 

ありがとうございました。

 

 

 

【2017.06.05 Monday 21:06】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
西日本、全日本ウエイト制準備完了






(みんな頑張れ)
【2017.06.02 Friday 19:36】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ウエイト制少年部演武について
【2017.05.03 Wednesday 14:28】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
全日本ウエイト制大会について
【2017.05.03 Wednesday 14:26】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2016全日本ウエイト制雑感
【2016.06.07 Tuesday 20:59】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2016全日本ウエイト制大会

(ウエイト制少年部演武)

★★★2016全日本ウエイト制大会★★★
平成28年6月4日(土)5日(日)
全日本高校生大会15歳男子+65kg級 
出場 川淵翔稀 準優勝選手に延長判定負け

少年部演武
富貴姉弟参加 型平安供“蝶筺〜綾海


 
【2016.06.07 Tuesday 20:30】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015全日本ウエイト制中村昌永君優勝祝勝会

(中村昌永君、2015全日本ウエイト制優勝祝勝会)
6月14日(日)17時〜三宮の居酒屋にて
中村昌永君の優勝祝勝会が行われました。

本来なら、中村道場の分支部長会議だったのですが
それが無くなり、急遽祝勝会をしようとの段になりました。

楽しい3時間近い宴会でした。

次は世界大会
大舞台でこそなので、活躍が楽しみです。

またこのメンバーで、世界大会の祝勝会ができれば
いいですね。
【2015.06.16 Tuesday 17:07】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015全日本ウエイト制(番外編)
【2015.06.09 Tuesday 20:36】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015全日本ウエイト制雑感
【2015.06.09 Tuesday 20:20】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015全日本ウエイト制雑感(淡路版)
【2015.06.09 Tuesday 19:56】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015全日本ウエイト制大会

(2日目少年部演武に淡路道場から5名参加)

★★★2015全日本ウエイト制選手権大会★★★
平成27年6月6日(土)7日(日)大阪府立体育館
総参加選手 220名 淡路道場参加1名

川淵君、準優勝選手に判定負け入賞ならず

2日目少年部演武 5名参加
大会スタッフ   3名

全日本終わりました。
川淵君おしかったですね。
【2015.06.09 Tuesday 13:49】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015全日本体重別


2015全日本ウエイト制大会
川淵京哉 高校2.3年の部軽量級出場
応援よろしくお願いします。
【2015.06.03 Wednesday 15:45】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2013ウエイト制(膝蹴りタイフーン)
【2013.06.06 Thursday 23:29】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
反撃の雄叫び
【2013.06.06 Thursday 22:41】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
遠い壁(2013全日本ウエイト制)
【2013.06.03 Monday 23:39】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いざウエイト制
【2013.05.29 Wednesday 23:00】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12年ウエイト制(紅田君)
【2012.06.15 Friday 11:32】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
12年全日本ウエイト制(潔し総本部の後輩達)
【2012.06.15 Friday 00:15】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
B君への手紙(B君専用)
【2012.06.14 Thursday 11:00】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11年全日本ウエイト制大会(チーム力)
全日本チーム 
(全日本代表チーム)

☆☆☆ 11年全日本ウエイト制大会 ☆☆☆
平成23年6月11日(土)12日(日) 大阪府立体育館

今現在、淡路道場の生徒がウエイト制に出るまでには
少し時間がかかります。
ですので、少しの間は全日本クラスの大会について
色々書く事はありません。

どの選手がどうだとかは今語れる資格はないので
各選手については語りません。

今回色々な道場の事をしっかりと観察しました。

今回の大会では、道場力の大事さをしっかりと学びました。

日本代表を出す道場には何があるのか
これまでも全日本では
そのようにいつも各道場を観察してきましたが
今回は、全日本代表最終選考(アメリカは別として)
色々な道場の舞台裏をしっかりと見せていただきました。

そこで見て学んだ事は、淡路道場の財産ですから
ここで書きませんが
今回は道場力を観察する
非常にいい勉強の場でした。

これまでと今回学んだ事を
実践していくにはまだ時間がかかりますが

もうそれもそう遠くないと思っています。

道場力
長い目で選手を育てる

世界で戦うには、絶対に必要な条件です。

まだ淡路はその基礎を築いている段階で
まだその骨組みは見えていませんが

今は将来来るであろうその日を想定して
しっかりとした基礎固めをしたい。

 
【2011.06.15 Wednesday 23:22】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10年全日本ウエイト制 (閑話休題) らしいって
先輩、らしい、なんか指導者らしいブログを、 
やっているみたいですね。
そこでなんか、らしい事を言っているみたいですね。

これは今回のウエイト制で、後輩のドラゴンから言われた言葉です。

そして

あんた、なんかブログで色々書いているみたいですね
ちょっと聞きましたよ。

これはここによく出てくる支部長から(正式には直轄責任者)
言われました。

今までこのブログを読んでなかったのか
今回どこからかこのブログの話が伝わったみたいで
この話になったみたいですね。

今後はこのブログを見るような事を言っていましたので
色々、意見したい事、進言したい事など
もっとどんどん書いていきたいと思います。

まあそれで何かがどうなるわけではありませんが
色々思ったことを、こうして欲しい願いなどを
書いていきたいと思います。

【2010.06.16 Wednesday 14:22】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
10年全日本ウエイト制(努力の先にあるもの)
10年全日本ウエイト制(真奈ちゃん) 
(なかなか決まってます)

今年のウエイト制は色々な事が試された?

その中で最高に良かった事は、高校生が出場できた事。

極真空手を稽古する目的は色々あると思います。
その中で、大きな比重をしめるのが大会だと思います。

今までは、中学生、高校生が大きな目標とするものがなかった。

ある程度の事を犠牲にしても、やるだけの大きな目標が。

現場サイドから、学生に大きな大会を、という声はたくさんあった。
それを汲んで、ユースエリート大会が開催された。

そして今年は全日本ウエイト制だ。

これで学生達に大きな道が、大きな目標が、大きな夢が
できたように感じました。

そしてその一発目に、現役高校生が強豪一般の中で
見事に優勝。

これ以上ない形で、学生達の夢の形が実現された
ように思います。

少年部から続く学生生活集大成としての全日本ウエイト制。
そして、出場できれば奇跡といえるかもしれない 
秋の全日本無差別大会挑戦。

これで少年部から続く大きな物語ができました。

その最前列の最年少チャンピオン。

華がありました。

それを見て淡路道場の生徒、保護者の方々はどう思ったでしょうか。

子供達の努力にみあう、大きな舞台がようやくに出来ました。
高校生で全日本制覇。

大きな大きな夢の舞台が。
【2010.06.15 Tuesday 13:56】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
10年全日本ウエイト制終了(感無量)
10年全日本ウエイト制大会(大利君)  
(全日本ウエイト制少年部演武、見事な立ち姿です)

内弟子同期の生徒が、無差別全日本チャンピオンを2人破り
全日本ウエイト制重量級のチャンピオンになりました。

内弟子の悲願はチャンピオンを育てること。

その事に邁進してきた同期が
その大山総裁との約束である
全日本チャンピオンを育てました。

それも無差別チャンピオン2人に勝ってのものです。

感無量です。

大山総裁との約束を先にかなえられ
悔しい、うらやましい

でも、それ以上に本当にうれしい。

今はただただうれしい。
【2010.06.13 Sunday 17:21】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10年全日本ウエイト制(初日)
 10年全日本ウエイト制初日
(試合がはじまるのを静かに待つ戦いの舞台)

初日が終わりました。

やりましたね、高校生。
昨年度の準優勝選手に、見事に勝ちました。

この試合が一番盛り上がったのではないでしょうか。

明日は好カードが多く
盛り上がりそうです。
【2010.06.12 Saturday 17:39】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10年全日本ウエイト制会場設営
 10年ウエイト制会場設営 
(10年全日本ウエイト制大会会場設営風景)

大阪は暑いです。明日はもっと熱くなるでしょうか。
半ズボン、Tシャツでも汗が出てくるくらいです。

今回は女子、壮年も行われるので
明日はどのような感じになっていくか読めません。

時間があれば、できるだけブログでウエイト制の報告をします。

まだチケットがありますので
日曜何も用事がない人
急遽、日曜日行けるようになった人は
山野まで連絡ください。

日曜は、試し割のやり方も変わるので
どのようになるか、なにやら波乱含みです。
【2010.06.11 Friday 17:06】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2010全日本ウエイト制について
 今年の全日本ウエイト制の出場選手は凄いメンバーですね。

でもこの時期になっても、正確な情報が公に出ていない。

色々な絡みがあるのだろうけど
これは大失敗じゃないんでしょうか。

今年誰も淡路道場から出せてないので
今年はだれもいかなくても仕方ないや

と、軽く考えていましたが

出場メンバーを知り

これはなんとしてでも生徒に見てもらいたい
保護者の方々にも見てもらいたいと
メンバーを知ってから
かなりあせっています。

なぜこれをもっと早く宣伝しないんだろうか
本当に疑問に思います。

今年の無差別全日本は全世界予選になるので
海外勢は大挙出る事はできないので

全日本無差別とは違った面白さがあり

この大会は是非とも生徒に見て欲しい

今から行って欲しいと言っても
予定を組むのが難しい人が多いと思うので

もっと早く知りたかった、このメンバーが出るのを。

ある人に、この事では少し意見したいものであるが
逆にぎゃふんと言われそうであるが

ウエイト制の時に、少し意見してみたい。
ぎゃふんといわされそうですが。

今年のウエイト制は必見。
このメンバーを大阪で見れるのは本当に関西にとっては幸運。

なんとしてでも皆さん、ウエイト制を見に行きましょう。
【2010.05.25 Tuesday 23:23】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
09年全日本ウエイト制(素晴らしき選手かな2)
09年全日本ウエイト制少年部演武
(09年ウエイト制少年部演武、将来は選手としてこの舞台に)

簡単に決める人がいる。簡単に物事をなげる人がいる。
引退します、また復活します。
そこに込めた思いはあるのだろうか。
全日本という舞台でそのような簡単な軽い気持ちで勝てるのだろうか

選手会で手本にしてもらいたい選手の事をよく話してます。

その選手の言葉は非常に重たいです。
言った限りはやりきる漢です。

今回初日で膝を変な方に伸ばしてしまい(ダメージによるものでなく)
初日の段階でほとんど足が蹴れない状態。

2日目はそこをとことんまで攻め込まれました。
普通ならそこで勝ちを持っていかれているような内容でも
最後は、試合で勝ったというより人間で勝ったと言えるような
勝利に対する執念で決勝まで。

全日本代表目前で、足首を複雑骨折。
その時の悔しさは、どれくらい凄まじかった事か。

全世界大会を一緒に見ていて、その心の中にある
怨念に近いくらいの、恨みに近いくらいの悔しさを感じて
いたたまれないなー、と思っていました。

昨年の無差別全日本終了後
一生忘れられないメールをもらいました。

ようやく決断したんだと。

言う限りはやる漢です。
その漢がここまで言い切る限りは、やるだろうと
そのメールの決意表明を見て、本当にうれしく思っていました。

決勝戦、その状態でも最後までくらいついていました。

判定では負けても、気持ちが向かっている限り負けてない。
矢が折れようが、刀が折れようが、向かっていく気持ち。

自分が優勝しますといった限りは
なんとしてでも優勝しようと奮戦する姿に

自分が好きなんだなー、自分に誇りを持っているんだなー
自分が言う事やる事に責任を持っているんだなー
と、
その言った事をなんとしてでも達成する
どのような困難な状況でも、言った限りは関係ないやるだけだと
その精神に本当に感動しました。

わが生徒にあのようなスピリッツを学んで欲しい。
言った限りはやる、やろうとする、何とかしようとする。

自分に誇りがあるからこそ
あそこまで言える、言い切れる、そしてなんとしてでも戦いきる。

自分が男を漢と呼ぶのは彼一人です。
まだそのような漢と呼べる人物はいるでしょうが
自分が最高の尊敬を込めてそう呼ぶのは彼だけです。

生徒達もあのような極真空手家に育って欲しい。

自分に誇りを持ち、自分が言った言葉に責任を持てる
人間になってもらいたい。

本当に素晴らしい極真空手家です。
住谷統。

今年の無差別、言った言葉が達成されるのを
今から心待ちにしております。

そのドラマが素晴らしいものでありますように。
【2009.06.24 Wednesday 11:25】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
09年全日本ウエイト制(素晴らしき選手かな1)
ウエイト制の中で感動した2人の選手の事を。

今回はその1人目、中村昌永君、中村師範のご子息です。

全中京が初出場、優勝。
この全日本ウエイト制が大会出場2回目。
本選進出、最終成績ベスト8進出。

素晴らしい成績です。

でも、この成績ですべてが納得してくれない厳しい環境にいるのが彼です。
陣営もベスト8でまったくという感じです。

この全日本初出場ベスト8で納得してくれない環境というのは
本当に厳しいものですね。

今回、2日目の試合はじっくりと見えたので
4回戦と5回戦はしっかり見ました。

本当に厳しい試合でした。
普通ならあきらめそうな場面でも、
彼はまったくあきらめるそぶりを見せません。

この尋常ならざる頑張りを見ていて、
大会2度目でこのレベルの選手達とここまで戦えるなんて
そして非常に厳しい場面でも、まったくあきらめない姿勢に

どうして、ここまで頑張れるんだろうかと考えてました。
何を背負っているんだろうか

頑張れるという心は、経験を積んでようやくにできるケースが多いです。
でもその経験をほとんど持たずにここまで頑張れる
その心を支える精神力はどこからくるんだろうか

そこを彼の戦いぶりを見ながら考えていました。

昔、松井館長がこう言われていたのを思い出しました
彼の試合ぶりを見ながら。

山野、お前なんか誰も知らないんだから、
もっと気楽にやればいいじゃないか
俺なんか、大変だよ、どこに行くにも
世界チャンピオン松井章圭なんだから・・・・・。
(敬称略)

彼もそちらにいる人間だと思いました。

極真空手をやるようになった時から
中村師範の息子という、肩書きがいつもついてまわります。
今回の会場での、視線も注目度も半端ではありませんでした。

色々考えて、ここままで活躍できたのは
短期でここまで成長できたのは
この厳しい環境に負けないで稽古しているからだと思えました。

背負っているものが非常に重い。

逆に言えば、これほど素晴らしい環境は誰もが持てない。
これ程の重責は、誰もがもてるものではない。

全日本代表にならなければこれ程の重責を担う事は
普通ではできないのではないでしょうか。
それを普段の環境から持たざるをえないのだから
この環境下で続けていけるだけでも
凄い事なんだと、その頑張りから感じました。

では本人はどうなんでしょうか。
環境だけで強くなれたのでしょうか。
いやいややっているのでしょうか。
それを非常に嫌だとおもいながらやっているのでしょうか。

ある試合を昌永君と見ていて、色々話していました。

それを聞いていて、色々話していて
本気なんだと感動しました。

優勝以外はないと。

どこまでも大きい器なんでしょうか

その厳しい環境でも、彼にとっては小さいものかもしれない。
その精神的タフさを

淡路道場の生徒達にも学んでもらいたい。
本当にこの重責を、笑い話にしそうなくらいな
そのタフさ、本当に素晴らしい精神力です。

負けた後、少し話して、
ベスト8でまったくだめですと言える姿勢。

今後本当に素晴らしい選手になるでしょう、
いやもう素晴らしい選手です。

今後ますます注目が集まるでしょうが
それさえも彼にとっては小さいものでしょう。

2年後、日本代表となり
テイシェイラチャンプの2連覇阻止に挑んで欲しい。

その事が実現すれば、
素晴らしい物語になります。

彼ならそのような夢物語も現実としてくれそうな
期待感が漂っています。

頑張れ昌永君。
【2009.06.14 Sunday 22:16】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
09年全日本ウエイト制(中量級チャンプとの戦いから)
09年全日本ウエイト制記念撮影
   (09年全日本ウエイト制戦い終えて記念撮影)
☆☆☆09年全日本ウエイト制大会2日目☆☆☆
平成21年6月7日(日)
10時開場 午前4回戦
12時半  開会式

4回戦
岡洋介(0−5)三田祐太選手(今大会優勝)
最終成績 ベスト16
セコンド 中西 東條

前日、三田選手を深く観察していました。
優勝を狙う選手の初日か、調整程度の動きで、参考にならなく
初日がメイチなら、何とかなる、と考えていましたが、

どうも本物でした。

岡君のフィルターをとおして見ましたが
近年見ることができないような本物でした。

これは、えらい本物で、対戦相手以外ならうれしかったんですが
今の段階でレベルが違いすぎました。

19歳でこの完成度。
本当に末恐ろしい、末頼もしい
本物が出てきてくれました。

岡君にとって、完敗でしたが
今の段階でこの本物と戦う事ができまして
本当によかったです。

この戦いで学べた事は非常に沢山ありました。

今後また一段と高い意識で稽古に望んでくれるでしょう。

本当にこのレベルの選手と今戦えた事
本当にありがたいことでした。

三田チャンプのその後の試合を見ていましたが
今回は全力を出さずに優勝したように見えました。

ギヤが5段あるとすれば
今回は、ギヤ3,5で優勝したんじゃないでしょうか。

ほとんどの対戦相手が判定の時、えらい苦しそうなのに対して

息さえ切れてない、まったく息が上がってなかったところから
トップギヤに入れなくても、今回は優勝できたと言う事でしょう。

今回はあえて将来を考えて、軽量級を選ばなかったところに
スケールの大きさと、壮大な器を感じます。
次の世界無差別では
絶対に日本の中軸を担う選手でしょう。

次の次の世界大会、テイシェイラチャンプを倒す可能性のある選手が
ようやくに出てきたように感じます。

19歳で高い技術を縦横無尽に使いこなしている姿には
今までこんな選手を見たことはないと感動しました。

ようやくに本物が出てきました。
今後思いっきり注目していきたい。

話はがらりと変わり

原口君が非常に素晴らしい一言を言った。

今まで、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ・・・・
と、今まで淡路道場のある問題点を解決する為に、四苦八苦してきたが
この一言からすべてが理解できた。

国際大会に選手会の子供たちが出ないこと、
これが自分にある事を気づかせてくれる大きな問題提起だった。

そして岡君が、2日目に勝ち上がってくれた事。
これがこの問題点を解決するための大きな参考となった。

そして原口君の一言で

すべては理解できた。

この事は、今後の指導者としての行くべき方向性を
教えてくれたようだ。

なぜ大事な事が伝わらなかったのか
もう、ようやくに理解できました。

岡君の勝利があったからこそ
このことに気づけました。

岡君、全日本中量級ベスト16おめでとう、そしてありがとう。
【2009.06.11 Thursday 22:23】 author : awaji-karate
| 全日本ウエイト制 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |