極真空手淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
貴重な時間をありがとうございました
【2012.07.14 Saturday 22:26】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
健康体操4年間から学んだ事
 健康体操も来年の春には開設4年になります。

正座ができるようになった
医者にいかなくなった

確実に結果は出しました。
でも結果を出す為に
ある程度の危険な負荷をかけてきました。

その危険な負荷をかけなければ効果はでません。
結果がいらないのであれば
営業目的ならばそのような危険は禁止でしょう。

そのデリケートな危険な負荷をかける指導は
指導者としては本当に繊細で危険すぎます。

そんなにしなくても、と言われました。
でも、そこまでしなくては結果はでません。

不健康な人が健康になるという事は
正座できなかった人が正座できるようになるには

普通では無理です。

でも、〇〇のマシーンならそれが可能。
危険な領域で勝負しなくても
年配の方々が健康になる。

そのマシーンなら、怪我の心配がほとんど無く
健康体操で指導者が神経をすり減らす心配なく

効果が出せる。

健康体操で学んだ事があるから
その〇〇のマシーンの凄さが十分以上に理解ができた。

はやく〇〇のマシーンを淡路に導入したい。
淡路の人たちに
安心で楽しく体力が向上する事を知って欲しい。

本当に年配の方にとって
〇〇のマシーンは最高の効果をあげてくれるでしょう。

4年間その現場で真摯にやってきたからこそ
その凄さを一瞬で理解できた。

何事も無駄な事はない。

【2010.12.07 Tuesday 11:13】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2010年健康体操の今
2010健康体操 
   (反射神経を鍛えています、素晴らしい集中力です)
もうしっかりした筋肉はついています。

昨年、健康体操に参加してくださる皆さんに
怪我が続きました。
 
病気、怪我に負けない体力をつけるのが目的なのに
怪我をした人が非常に目立ちました。

なんでだろう
筋力と柔軟性はスタート当初からくらべたら
格段に向上しています。

スクワットなど100回以上軽くやれるのですから

では、なぜ。

色々聞いてみると
体の調子がよく、よく動けるようになったので
躓いたり、階段から勢い余ってとんでしまったり、と

動けるが故の怪我が多くなったみたいです。

そこで身体はしっかりしたので
それを動かす、運動神経をよくしなければと

考えて、考えて、色々な運動をやった結果

これが一番というのを見つけました。

それは昔ながらの、お手玉です。

やってみればわかりますが、年配の方々には
最高です。

これをやりだしてから、運動神経が相当良くなりました。

どこがどうだとか細かいところは言いませんが
とにかくお手玉最高です。

今は体がしっかりできて、それを動かすべく
運動神経を高めている

2010年の健康体操です。
【2010.01.28 Thursday 21:52】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キーワードは拳
肩コリに有効な運動を見つけたい
色々試してきたが、どうも有効な答えは見つけられなかった。

ようやく見つけられたかもしれない。

答えは拳を握る。

朝からだけど、忘れない為にここに書いておきます。
【2009.02.26 Thursday 09:11】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
怪我
この健康体操をこちらのブログで書けるのも、もう少しの間。

今日の健康体操で
拍手したときに手のひらを怪我した方がいた。

さすがにここまでは考えていなくて
これは今後は拍手も気を付けなければいけないんだ
と一つ学習。

指導していて一番怖いのが怪我。
この怪我しないように持っていくのは非常に難しい。

怪我ぎりぎりまでやらなければ効果がでない事はたくさんある。
それは空手でも健康体操でも同じ。
だからきわどいラインの練習をやる時がある。
そのような時は、どうか怪我しないで、と祈っている。

効果が出ても出なくても生徒が信用してくれるかと言えば
効果が出ないものには、絶対に信用は無い。

まずはやっただけの効果を出すということが最優先だと思う。
信用してもらう為には、結果が必要だから。

でも結果を出すような事はある程度のリスクがともなう。
だから諸刃の刃だという事を意識しながら
指導しているときは本当に多い。

今、健康体操ではスクワット150回くらいは、皆さん簡単にできます。
だからある程度の効果を出そうとすれば、
それ相応の事をやらなければ納得してもらえない。

腹筋は最初の頃はトータルで10回もできなかったが、
最近は50回連続でやっても、最初の頃みたいには疲れない。
よく言えば簡単にしんどいことができるようになってしまった。

上限はあるのだけど、とにかく今やれるだけの事をやってしまったら
体操終了後どこかしら痛みが出るだろう。
それくらい厳しい強度の事ができるようになった。

正月明け、運動強度を落として、時間も少し短縮して
落ちた体力を考慮した運動をしたら
そうとうに、ブーイングをもらった。

怪我させない、でも運動強度はある程度やらなければいけない
ここの調整は本当に難しい。

難しいのなら、無理しなきゃいいじゃん
と、いうようにできればいいのだが、
それでは効果を出すことはできないだろうし
効果がでなきゃ、皆さんやめていくだろう。

怪我、本当にこれとうまくつきあっていくのは難しい。

安心なラインじゃ効果はでない。
効果を望めば、リスクはあがる。

ここは一生かかっても、これだと思うものは見つからないだろう。




【2007.03.08 Thursday 23:33】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
兵庫県淡路島洲本市由良健康体操1部2部
兵庫県洲本市由良健康体操
      (兵庫県洲本市由良4丁目会館健康体操1部)
健康体操もこの3月がくれば一周年です。
最初は由良で健康体操などやる気は全然ありませんでした。
それがひょんな事からやる事になり、
少しの期間の短期でお試しのような感じだろう、
そして、すぐに終わるだろうと考えていたのだけど、
予想に反して順調に生徒数が伸びていって、内心びっくりでした。

そしてその自分の驚きがNPOを創る原動力になり、
今年の4月にはなんとNPO法人になります。

淡路島洲本市由良健康体操2部
        (淡路島由良健康体操2部)
最初は19時からの一部だけでした。
練習時間も30分と少々で皆さん顔が土気色に。
今は20時と2部制になり、練習時間も50分やっても
楽勝って感じです。
一部は20人くらい、2部は5人位です。
皆さん全員が揃う事はまずないですが、
だいたい一日20人前後は練習に来られています。

70歳以上の人がほとんどで、
50歳の人が、50なんて若い若い、と言われています。

体調はコンピュータ管理
       (最後はみんなで体組成を測定します)
健康体操開始当初からインナースキャンで体調管理を
パソコンでやっています。
最近モニターYさんのデーターを更新してませんでしたが、
全員のデーターをパソコンで管理しています。

これが曲者で、やせへんやん、とぼろくそに言われます。
8kg以上痩せた人もいます。
体脂肪が5%以上減った人もいます。
でも
でも、でも、それでも
ダメ、ダメ、ダメ、
やせへんなー、との事です。

とにかく貪欲さに自分が飲み込まれそうになる時があります。

空手の生徒もこれくらいの貪欲さがあれば、と
この平均年齢70歳以上の方々のパワーを見習って欲しい感です。

4月には一周年記念として
体力がついた記念にどこか山に登りたい、
との事なので、これから企画をたてるところです。

一番楽しいのはみんなと、だべるところ、
気分は中学生との事なので、
今後もその気持ちに添えるような体力まで無理なくもって行けるように
努力精進しますので、今後もよろしくお願いします。



【2007.02.09 Friday 23:15】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
燃やせターボセル
腹が燃えるのよーーー。

ターボセルは腹の内側を燃やすみたいだ。

そして内臓が高温だと、
カラダ全体の体温が下がらず
とにかく汗をどんどん出そうとカラダがするので

その代謝量は激しいものがある。

今日の健康体操で
ターボセルをつけてないメンバーは
除湿をつけると寒いくらいだったが

ターボセル軍団は熱くて熱くて
仕方なかったみたいだ。

その効果はどれくらい出てくるのだろうか、

とにかくその腹の脂肪を
がんがん燃やせターボセルよ。
【2006.10.05 Thursday 23:12】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(2) | trackbacks(6) | - | - |
ターボセルどこまで
健康体操でターボセルを導入。

全体的に体脂肪は2〜5%くらいは落ちてはいるのだが、
はらの脂肪が中々に減らない。

ターボセルをつけた時の話を色々聞いていて
なぜ腹の脂肪は中々減りにくいかに思い当たった。

腹は汗をかかない。
稽古をしていてもシャツが上から汗だくになっていくが
いがいと腹の部分は汗をかいていない。
上の汗が下まで伝わって汗だくにはなるが、
腹から汗がぼたぼた落ちる事はまずない。
汗をかくから痩せるという簡単な話ではないんだけど
とにかく汗をまずはかかなければ。

とにかく先生、汗がすごいんよー
こんだけ汗をかいたことがないくらい
腹から汗がジャージャー流れるんよ。

とにかく週一度の運動で腹のでっぱりを
何とかしなくてはならないのだから
かなりしんどい課題である。

脂肪を減らすような運動を
平均年齢70歳以上の方達が
がんがんやる事はできないのだから
ほんとうにむつかしい。

だからこのターボセルを導入した

さあどれだけ活躍してくれるか
注目して今後をみていきたい。
【2006.09.21 Thursday 23:29】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
健康体操目標達成
HPの健康体操ページに書いてある
(歩きで20分以上あるけるようになる事、
 新道の坂道を上り下りできるようになる事)

これが体操を開始してから6ヶ月目で
目標達成。

20分以上とあるが
正確には18分強歩いたのだが、
18分ではもうびくともしなくなったので、
目標達成とみていいでしょう。

一年くらいかかるとみていたが、
6ヶ月を待たずに目標達成。

それも休みがかなり入ったので、
実質は5ヶ月足らずというところだ。

これで目標は達成したので
今後は
流れをみながら考えたいが

どうやら皆さんの関心は
おなか

みたいなのでこのおなかを
美しくする事が次の目標になりそう。

まあ一つの目標は達成。
めでたし。
【2006.08.24 Thursday 23:50】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
強力なる記憶との戦い
今日の健康体操で
何年ぶりかで正座ができるようになりました、
と、うれしい報告を受けた。

もうその膝では正座は無理でしょうと
お医者さんから見離された人が、
健康体操をはじめて一月足らずで
正座ができるようになった。

これで健康体操では
数年間できなかった正座が
数年ぶりにできるようになった人が2人目になった。

特にお医者さんから
長年使ってきたその膝はもう治るのは無理でしょう
と、さじを投げられた人で痛みが楽になった人は
これで5人を軽くこえた。

特に膝に関しては簡単に楽になるみたいだ。

次は腰になるのだが
これもかなりの人が腰も楽になったと
最近言い出しているので、
もう少しで目に見える効果が出てくるだろう。

それにしても難題は体重である。
全員体脂肪はかなり落ちているのであるが
体重が中々うれしくなるくらいには減らない。

体重そのものは1KGくらいはだいたい減っているのだが
とにかく2〜5kgまで減ると
揺り返しで元の体重に戻ろうとする。

なぜ戻るのかリサーチしていたら
とにかく減った分だけ
今まで以上に食べるみたいだ。

それが無意識か意識的かは
本人達にもわからないみたいだが、
どうも減った分だけ余計に食べている。

これは肥えていた時の記憶がそうさせるのだろう。
その記憶の強さたるや、
データを見ていて恐ろしくなるくらい
戻ろう戻ろうとしている。

膝痛はもうだいたいの人がお医者に行かなくなった。
腰もだいぶ楽になってきている。

今後の課題はこの体重をどう減らしていくかと言うこと。

今、健康体操の方々はスクワットなら100回くらい
楽勝でやってしまう。
今日などY字バランスもやろうとするくらい
足腰がしっかりとしなやかに強くなった。

でも体重を減らすのは頭が痛い。
減れば減るほど記憶が戻そうとするから。

課題は難しいが、やりがいがあるので
その困難さゆえにわくわくする。

記憶よ見ていろ、いつか攻略してやるから。
【2006.08.17 Thursday 23:37】 author : awaji-karate
| 健康体操 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |