極真空手淡路道場の稽古風景、試合、イベント等の紹介。
 
世界が奮える突きを(遥かな坂の上目指して)


(遥かな坂の上目指して)

世界が奮える突きを、その突きに絶対に欠かせない特訓。

それをようやくスタートさせる事ができました。

初めては50kで試運転。

最終体重の5倍を目指します。



(坂延々と)

坂の上まで500mオーバーくらいでしょうか?

それを延々と、押していきます。


(手押し車スタート記念撮影)

小学生は負荷が強すぎて参加させません。

身体の成長を考えて、高校生以上からになります。

(下りも延々と)

上がりは前面、下りは後面に

相当な負荷がかかります。

(歩道が広いので手押し車が倒れても安心です)

この幅があるおかげで、この特訓ができます。

そしてほとんど車が通らないという事も。

 

来る日も来る日も、延々とこの坂道で

手押し車を押していきます。

下りは、引っ張るという動作になりますが。

 

最初は50k、2本。

 

悲鳴をあげていましたね、厳しすぎて。

 

350k、それを押して上る下るようになれば

その突きの威力はどうなっているのでしょうか

 

ようやく念願の特訓をスタートさせれました。

世界が奮える突きを

 

その第一歩をようやく踏み出せました。

 

山田君に感謝です。

 

 

【2019.02.17 Sunday 19:59】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
意識を変えるチャンスを探して
【2019.01.18 Friday 15:51】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2019年 各道場 年頭今年の目標発表色々

 

(三原道場)


 

(志筑道場)

 

(洲本道場)



 

【2019.01.16 Wednesday 15:23】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018西日本大会雑感(ライバルのありがたさ)
【2018.12.12 Wednesday 15:33】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
謎解きと答えさがし(少年部の試合後の涙の理由)
【2018.12.12 Wednesday 15:08】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018 西日本大会、淡路交流試合追い込み稽古終了

★2018西日本、兵庫西交流大会前追い込み稽古★

平成30年11月30日(金)〜12月4日(火) 5日間

 

 

西日本大会、兵庫県西交流試合の

追い込み稽古が無事終了しました。

 

オレンジ、青帯の子達が抜群に成長していました。

 

ひと夏越して、別人のようになりました。

 

極真祭前追い込みなど夏の追い込みでは

 

遠慮やら、戸惑いやら、で

全精力を稽古に込める事ができませんでしたが

 

夏追い込み稽古を経験した子達は

しっかりと追い込めていました。

 

強くなるのは、成長するのは

弱さを忘れていく事なんだなーと

 

オレンジ、青帯の子達の成長を

うれしく見ていました。

 

今回の追い込み稽古は良かった。

 

今回初追い込みの子達は

次回の追い込みでは

今回の先輩たちみたいに

しっかりと全精力で追い込み稽古ができることでしょう。

 

それにしても、このしんどい追い込みを

上級の先輩達が、嫌がらないでやってくれるのが

後輩達に、見事なお手本になってくれている。

 

今回の上級の追い込みは

見事でした。

 

今回の追い込みは、みんな見事でしたよ。

 

試合で今回のような、動きが出来ます様に

後は祈るのみです。

 

【2018.12.05 Wednesday 15:54】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
他者を貶めて己を正当化することについて
【2018.10.10 Wednesday 16:12】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
成長していく時間

生徒が成長していくのに必要な時間

 

最近それの明確なイメージができました。

 

特に少年部には、成長していくゆっくりとした時間が

必要なんだと、最近は実体験として理解出来てきました。

 

最初は、何も受け付けませんね。

 

何度か頑張って稽古に来ると

それが、少し受け付けれますね

その少し受け付けた状態が

その後の稽古で当たり前になって

 

その少し受け付けた事が当たり前になっている頃には

その少し受け付けた状態から、もう少し受け付けて行く

 

このゆっくりとした成長していくサイクルを

最近は実感しながら、生徒達に接しています。

 

だから最初はまったく出来なくても

何度やっても、できなくても

いいよ、いつかできるから、と自分の指導体験から

言えるように、指導者として

少しは成長したと思います。

 

その大きなサイクルの中での子供達の成長を

慌てさせないで、しっかりと自分のスピードで

成長していける、環境が今はできつつあると

稽古の成長を実感しています。

 

それの証拠が

 

生徒に昔の事を聞くと、嫌がります。

 

あの時は、なんであんなに泣いてたの

今はまったく泣かないけど、とか

 

生徒が成長したと思った時には

このような言葉をかけるようにしています。

 

中々にかけるチャンスは少ないですが。

 

昔の弱かった時の事が、あの時はと

ちょと嫌がりながら笑って振り返る時

生徒達の成長をしっかりと感じます。

指導者としては、嬉しい瞬間ですね。

 

100の少しは99

99の少しは98

98の少しは97

 

ゆっくりな速度ですが

いつか、その繰り返しで

昔の弱かった自分を忘れて行きます。

 

今の先輩である中高生達と話をすると

本当に成長を感じます。

みんなしっかりしていますから。

 

今後もしっかりとゆっくりと

かと言ってそこに胡坐をかかず

延々とこの子供達が成長して行く

ゆっくりとした時間を守って行きたい。

 

できなくても、何度やっても出来なくても

いつかはできる、から

自分で自分に、ダメは出さないような

稽古を今後もしっかりとやって行きたい。

 

 

 

【2018.05.30 Wednesday 15:53】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野性の証明(中々できるものじゃない)
【2018.05.16 Wednesday 15:31】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018ただ一生懸命にやる癖をつける

今の指導で大切にしている事

 

それは、

 

すべてに対して一生懸命にやる

 

と、云う事です。

 

最初の黙想で稽古する心に切り替える。

後は、準備運動と云わず、基本と云わず

組手の稽古と云わず、型と云わず

補強運動と云わず

とにかくすべてを一生懸命にやる。

 

何かを選択したりすることなく

すべてを一生懸命にやる。

 

このすべてに対して、一生懸命にやると

云う癖をつけるのが、稽古の大事な目的です。

それを今大切にしています。

 

最後の黙想で

今日の稽古はすべてに対して全力でやれたかどうか

を省みる。

 

今、それを大切にやっています。

 

兵庫県西道場は、各道場で道場生を募集しています。

 

極真会館 兵庫県西支部は

 

洲本道場

洲本市本町5−3−4(コモード5,6商店街)

日曜休館日 (月曜から土曜まで自由練習いつでも可能)

稽古日、月、火、木、金、土

 

三原道場

南あわじ市市円行寺150番地(パルティ2F)

稽古日 水、土 

 

志筑道場

淡路市志筑新島10-2 イオン淡路店3F フィットネス教室

稽古日 火曜

 

播州道場

姫路市別所町別所673 姫路市立別所小学校 体育館2階

火、木

 

上記4ヶ所で稽古しています。

 

※兵庫県内で上記以外で稽古している団体とは

極真会館兵庫県西支部は一切関係はありません

【2018.02.16 Friday 17:48】 author : awaji-karate
| 空手 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |